ホーム » スポンサー広告その他のニュース » 米軍の宇宙監視衛星が運用開始に
総合ランキング(楽天市場)
年会費無料のクレジットカードなら「楽天カード」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

米軍の宇宙監視衛星が運用開始に

米軍が打ち上げた宇宙監視衛星が運用状態に入った。
この宇宙監視衛星は、2010年9月に打ち上げられたものだ。


人工衛星や宇宙ごみの位置、状態を常に把握できるもの。


米軍は宇宙戦に備えた体制の確立を急いでいる。
監視衛星の稼働はこのような戦略にそった動きだそうだ。


2007年の中国の衛星破壊実験なども考慮している。


米空軍宇宙司令部は、8月17日に監視衛星の本格稼働を開始させた。


地上からの観測とちがい、
標的を迅速に捕捉できる可視光センサーも、
天候や大気の状況に影響されない。


この宇宙監視衛星は、新たな衛星打ち上げも捕捉、追尾でき、
24時間、広範囲の宇宙空間を監視することができる。


アポロ11号の船長だった故アームストロング氏は、
当時、こんな時代が来るなんて思ってたかしら?


アームストロング氏は、心臓血管手術後の合併症で死去。
82歳でした。

9月13日に、氏の追悼式がワシントンの大聖堂でおこなわれ、
その後、水葬にされる。宇宙葬ってのはどうよ?




関連記事
関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。