ホーム » スポンサー広告最新情報 » 首巻き冷却ベルトの持続時間が、景品表示法違反ってなに
総合ランキング(楽天市場)
年会費無料のクレジットカードなら「楽天カード」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

首巻き冷却ベルトの持続時間が、景品表示法違反ってなに

冷却ベルトという冷凍庫で凍らせて
首に巻いて使う商品があります。


うたっている持続時間より短いものがあり、
景品表示法違反で、再発防止を求めるために
措置命令が出されました。


消費者庁は製造会社を処分しました。
白元、桐灰化学、ケンユーの3社です。


今回はやったもん勝ちにはなりませんでしたね。
持続時間の短かった3社は、
商品名までも公表されてしまいました。


3社から発売された商品名は、
熱中ガードアイスノン氷結ベルト、
熱中対策首もと氷ベルト、ネックール4だそうです。


持続時間が表示の半分というのもあったようです。


3社は再発防止に努めたいなどとコメントしていますが、
コメント何かおかしくない?
努めるって、当然のことでしょう?
人ごとのような。




関連記事
関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。