ホーム » スポンサー広告断捨離 » 保存食の断捨離と災害
総合ランキング(楽天市場)
年会費無料のクレジットカードなら「楽天カード」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

保存食の断捨離と災害

あみは、近くに親族がいないので、たくさん保存食を蓄えています。
かなり場所ふさぎで邪魔ですが。


日付を確認がてら保存食の断捨離です。


以前は乾パンと水くらいでした。
でも3.11以降は、いろいろな物を保存しています。


なぜって、スーパーの棚から商品が消えていくのを体験したから。
災害地(被災地)から遠く離れていても、商品がなくなるのですから、
現地だったら・・・。


原発の問題もありましたから。
すぐ水道水を空き容器に確保しました。
そして、すぐに水を確保しに行きましたが、1本もありません。
スーパーの棚にはその他の商品もなし。


大元には商品はあるのだけれど、
輸送するトラックのガソリンがないので、
商品はいつくるか分からないというスーパー側の説明でした。


保存食は3日分(援助されるまで)できれば1週間分。
家族の分は確保していれば、家が潰れても、
生きていれば掘り出してでも食べられますから。ということで。


廊下に積み上げたダンボールの中を見てみると、
果物の缶詰がたくさん入っています。
日付も古いので断捨離の捨です。


今は糖質制限食をしているので、
砂糖漬けのような保存食の果物の缶詰は食べられません。


もったいないけど捨てます。
自分の胃袋をゴミ箱にしてはいけません。


あと、保存食の代表のような梅干し。


これもたくさん出てきました。
パック入りです。塩まみれの梅干し。


いつか塩抜きをして食べようと思っていたもの。(捨てられないのよ)


普段食べているのは、梅漬けで、時々自分で漬けます。
天然塩としその葉だけで漬けます。


市販のものはほとんど買いません。
いろいろな物が入っているので。


で、
なぜ、こんな塩まみれの梅干しがあるかというと、
あみは、枇杷の葉茶(生の枇杷の葉を細かく切って乾燥させただけのもの)を
飲んでいるので、2000円以上になると、
この梅干しが1パックおまけで選べるのです。


枇杷葉は1袋2000円なので、
塩まみれの梅干しがどんどん増えます。


昔ながらの天然塩としその葉だけの製法です。
でも塩の%が多すぎ。


梅干しが塩ふいてますがー。


取り寄せた当時は、塩をふいていないが、
4年もすれば、塩まみれー。


で、
捨てようと思って1パック開けて捨てました。
その時1粒だけ梅干しを水で洗って食べてみました。


おっ、いけるではないか!


ということで塩抜きして食べることにしました。


で、
その塩抜きの方法ってのが、
梅干しをきれいな水に半日~1日つけて、水から取り出し、
ザルで天日に干すというもの。(意外と簡単なんだね)


これで塩抜き梅干し(減塩)です。
あみは知らなかった。
もっと複雑なやり方かと思っていた。


保存料(塩がその役目)が入っていないので、
冷蔵庫で保管して早めに食べること。ですって。


やっぱり梅干しは年数たっても捨ててはいけないな、と。


体が弱っている時は、食中毒の予防にもなるし(弱ってなくてもなる!)


ということで、
今回の保存食の断捨離は、果物の缶詰のみ。


梅干しは、非常食にもなるので、
塩まみれのままで取っておこう。


その都度、食べる分だけ塩抜きしよう、っと。





関連記事
関連記事
タグ / 保存食

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。