ホーム » スポンサー広告ノーベル賞関連 » 早くも、今年のノーベル賞は決定か!STAP細胞
総合ランキング(楽天市場)
年会費無料のクレジットカードなら「楽天カード」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

早くも、今年のノーベル賞は決定か!STAP細胞

新たな万能細胞を簡単に作ることに成功しました。
この万能細胞はさまざまな細胞に変化できるんですよ。


名付けて、STAP細胞。
外部から刺激を与えて作られるので、
人工多能性幹細胞(iPS細胞)よりも
がん細胞になる可能性が低いそうです。


ちなみに、
iPS細胞は、
山中伸弥京都大教授が開発しノーベル賞を貰った。


STAP細胞は、作製期間も約1週間、最短では2日ほどで
iPS細胞の半分以下なのです。


STAP細胞がマウスではなく人で出来るようになれば、
再生医療への期待が増します。


小保方晴子さんが研究チームリーダーなんだけど、
映像で見ると若い。何歳だろう?
(30歳? 米ハーバード大へ留学あり)
5年間の研究とか言ってるあたりがすごい。


ノーベル賞なんて、ジジババが貰うもんだと思ってましたよ。
ノーベル賞に決まればの話ですがね。


どうでもいいことだけど、
白い割烹着で研究してるって、話題ですね。


白い割烹着って、自分は母のイメージです。


私も猫を抱いて遊ぶときは、割烹着きてたぞ。
猫の毛に、少しアレルギーがあったからね。
どうでもいいか。(笑)




関連記事
関連記事
タグ / STAP細胞

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。