ホーム » スポンサー広告最新情報 » 太陽光発電が窓ガラスでできるよ
総合ランキング(楽天市場)
年会費無料のクレジットカードなら「楽天カード」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

太陽光発電が窓ガラスでできるよ

太陽光発電がまた一歩前進ですね。


光を通すシースルー太陽光パネルなるものが
31日にシャープから発売されます。


ガラスのかわりに使って、
採光もできて発電もできるというすぐれものです。


ガラス張りのビルの外壁なんかピッタリですね。
マンションの窓ガラス、ベランダの手すり、
ひさしなどに活用できるようですよ。


このシースルー太陽光パネルは、
光を電気に変えるところのセルに細かい切れ目を入れ、
パネルを半透明にしたものです。


これだと発電できる場所をいっきにたくさん増やせますね。
マンションや商業ビルってどんだけあるのか。


これまでは、
業者は屋根取り合戦でしたよね。
これで一気に太陽光発電の面積がふえますね。


問題はお値段ね。


この太陽光発電のパネルは、3種類用意されています。
縦は100cmで、
横幅が70cm、115cm、140cmの3種類。


そして、
発電量を優先するものと
光の透過性を優先するものの2種類があり、
これはセルの切れ目の入れ方を変えることでできるようです。


太陽光発電の最大出力は1枚あたりどのくらいなのでしょうか?


横幅140cmで80~95w(ワット)。
横幅115cmで66~77w。
横幅70cmで39~46w。


で、
肝心のお値段は、
1平方メートルあたり約200,000~250,000円也ね。
(システム機器を含む想定価格です)


何年で元が取れるのかしら?


マンションに住んでいる人たちに
やっと光があたってきましたね。




関連記事
関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。