ホーム » スポンサー広告最新情報 » 肥満のメカニズム解明、グルコキナーゼと褐色脂肪の働き
総合ランキング(楽天市場)
年会費無料のクレジットカードなら「楽天カード」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

肥満のメカニズム解明、グルコキナーゼと褐色脂肪の働き

肥満を引き起こすメカニズムがわかりましたね。
東北大大学院医学系研究科の山田哲也准教授らの研究の成果。


肥満治療に早くいかされるといいですね。
褐色脂肪が悪さをしているようです。


体の栄養備蓄の仕組みがわかったのは世界初です。


グルコキナーゼがカギをにぎっているようです。
グルコキナーゼは肝臓で糖の代謝を強める酵素。


カロリーの多い餌をマウスに与えると、この酵素がふえる。
すると脳が交感神経の働きを抑えて、褐色脂肪のカロリーの消費を下げる。


そのかたわら、肝臓から脳につながっている神経を切って
カロリーの高い食事を摂らせても褐色脂肪の活動は変化しない。


いろいろなタイプのマウスで実験したところ、
備蓄システムの働きが太りやすいかどうかに
つながっていることがわかったのです。


早くメタボリックシンドロームなどの
肥満を防ぐ薬ができるといいですね。


人はたくさん食べて栄養を多く取り過ぎると
褐色脂肪細胞が働き体重の増えるのを抑える作用がある。


でも実際は肥満者が増えているので、
褐色脂肪細胞の働きがうまくいってないということ。


いやぁ~、人体って小宇宙、不思議です。




関連記事
関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。