ホーム » スポンサー広告最新情報 » 火星に移住計画、イーロン・マスク氏発表
総合ランキング(楽天市場)
年会費無料のクレジットカードなら「楽天カード」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

火星に移住計画、イーロン・マスク氏発表

宇宙ベンチャー、スペースX社では
地球から8万人を火星に移住させる計画があることを発表しています。


火星への移住は15年から20年かけて行う。
この移住は、子孫を残す生命保険のようなものだとしています。


火星で自給自足をして子孫を残す作戦だ。


飛行費用などは一人4100万円くらい。
液体酸素、メタン燃料、巨大なロケットを開発それも繰り返し使えるもの。
課題も山積ですね。


はじめは10人未満で移住。
そして多くの人たちが自給自足できる居住空間をつくっていく。


宇宙ベンチャーのスペースX社は
国際宇宙ステーションへの無人物資補給を今年5月に
民間企業として初めて成功させている。


また、オランダではマーズ・ワンという民間火星探査プロジェクトが
地球から20年間で20人以上を定住させると発表しています。


夢物語だった火星も、もう手の届きそうなところまできてるんですね。
生きてるうちに夢は叶うのかな?




関連記事
関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。