ホーム » コンビニ受け取り
総合ランキング(楽天市場)
年会費無料のクレジットカードなら「楽天カード」

タグ「コンビニ受け取り」を含む記事一覧(1ページ中1ページ目)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

コンビニ受け取りを試してみたら・・・

エ・ロ本ポチったったー!(エ・ロ本うそよ)


でもさ、これ、ネット通販だから、自宅に送ってくるんだよね?
私がいない間に、家族が受け取って、箱開けちゃったら・・・。
こ、こんなもん買ったのが家族にバレたら、私、出禁にされちゃうっ。


そうか、こんな時のためのコンビニ受け取りか。
よし、それ、やろう。
いやあ、便利な時代になったねぇー(笑)。


まずは、注文時に、受取先のコンビニの店舗を選びます。
が!


なんと、ファミリーマートとサークルKサンクスしか選べない!
コンビニならどこでもいいわけじゃないのか。


ちなみに、これは楽天ブックスの場合です。
Amazonはファミリーマートかローソンかミニストップでの受け取りになります。


お店によって、使えるコンビニが違うんですね。
セブンイレブンが対象外っていうのは、痛いかも。


私が利用しようと思っていた最寄りのコンビニはファミリーマートなので、
今回は問題なし。


注文したのは、日曜日の真夜中、日付が変わってすぐでした。
既刊本で、在庫ありだったので、その日のうちに発送されました。
普通に自宅受け取りなら、月曜日には届くはずです。


でも、コンビニ受け取りだから、
普通の宅急便と同じというわけにはいかないだろうということは、
予測してました。


1日余計にかかるかな、くらいは。


実際、1日余計にかかりました。
商品到着メールが届いたのは、火曜日の夕方。


その日はもう出かけられなかったので、
翌日受け取りに行くことにしました。


というわけで、
実際には、宅急便より2日遅れということになります。



そして翌日、いよいよ、商品のお引き取りですよ。


初めてなので、ちゃんとできるか不安でしたが、
商品到着メールに、商品の受け取り方が詳しく記載されていたので、
特に迷うことも、まごつくこともありませんでした。



Famiポートに店頭受取番号と認証番号を入力すると、
申込券(レシートみたいなやつ)が出てくるので、
それをレジに持っていくだけ。


簡単簡単、超ヨユー。


番号をポチポチポチ・・・。
あ、申込券出てきた。


ウイィ~~~~~・・・・・・・・・・

え? まだ止まらない?!

長っ! レシート長っ!

・・・・・・・・・・~~~~~ィィィン。

やっと終わった。


何これ、40cm以上あるんじゃない?


その長ーいレシートを持っていくと、
レジのお兄さん、すぐに荷物を持ってきてくれました。


「こちらでお間違いありませんか?」

えぇぇ?!?!


ここでまず確認しておきたいんだが、私が買ったのは、「本1冊」です。
サイズはA5版くらい。
厚さも1cm足らず。


お兄さんが手にしている箱のサイズは、
どう見てもB4は下らないし、厚さも10cm以上あります。


本当に、こちらでお間違いないんですか?


むしろこっちが聞きたいわ。


その場で箱を開けて中を確認するわけにもいかないので、
そのまま受け取りましたが、たかが本1冊で、何という盛大な上げ底。


こんなバカでかい箱かかえて帰ったら、かえって目立つじゃないの。
まあ、こんなバカでかい箱の中にエ・ロ本(嘘よ)が入っているとは、
さすがに家族も気付くまい。


とはいえ、どうやって持って帰るかなあ。
しょせん、本1冊なので、軽いのですが、
この大きさを直接手に持つのは、やっぱり持ちづらいのですよ。


「袋にお入れしますか?」
察してくれた! お兄さん天使!


しかし、コンビニで爆買いする客というのも滅多にいないので、
コンビニのレジ袋って、そんなに大きいサイズはないんですよね。


「・・・入るかな?」
うん、私もそれが心配だったの。
一番大きい袋を用意してくれて、何とか入りました。



無事、帰宅しましたよ。
家族に怪しまれることもなく。


ちなみに、購入したのは「まいにち、修造!」という、
松岡修造の日めくりカレンダーです。


残念ながら、エ・ロ本じゃありません(笑)。


なんか、すっごい売れてるって話題になってるから、
どんなものなのか気になっちゃって、思わずポチっとね。



それで、せっかくの機会だから、
コンビニ受け取りなるものを、一度やってみようと思って。


キャンペーン中で手数料無料だったし。


コンビニから自宅まで、自力で荷物を運ばなきゃいけないので、
さすがに、ビール1ケースとかを
コンビニ受け取りにするわけにはいかないでしょ。
本1冊なら、持ち運びも楽だと思ったの。


まさか、こんなバカでかい箱に入れて
送りつけてくるなんて思わないじゃない?


修造は熱い男じゃなくて、暑苦しい男でもなくて、厚い男でした。


結論。
コンビニ受け取りは、もう二度とやらない。
コリゴリだー。





関連記事
スポンサーサイト

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。